ぶらり世田谷

世田谷に行ってきました。


画像


銀杏と榧の巨木に囲まれた、浄土宗九品山浄真寺があります。 豊臣秀吉の北条攻めの頃、奥沢城があったところに、徳川四代将軍家綱の延宝6年(1678年)に浄真寺が建立されました。今でも、境内の北側に、奥沢城の土塁跡あり、城跡の名残を残しています。 本堂の向かいにお堂が三つ並んでいて、この三仏堂には阿弥陀如来像が三体ずつ安置されています。合わせて九体ある事から、通称九品仏(くほんぶつ)と呼ばれています。


画像


駅からの参道を抜けます。

画像



画像

閻魔堂。

画像

画像

画像


立派な山門。

画像



画像


イチョウってこんな大きくなるんですね。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


全てのものが公開されていてラッキーでした。
こんな世田谷の高級住宅街に広大な敷地でビックリです。

画像

玉川神社。
文亀年間に世田谷城主吉良頼康が熊野大社を勧請して創建、明治5年には村社に列格、明治41年社号を玉川神社と改め、字上原にあった伊勢宮(天祖神社)諏訪神社、字小山根にあった御嶽社を合祀したといいます。

画像

ここにもデカイクスノキが。

画像


画像


画像

万願寺。

画像


画像


画像


画像

五島美術館。
創設者である東京急行電鉄株式会社の元会長・五島慶太翁(1882-1959)による、閑静な住宅街に、ひっそりと建つ美術館。日本と東洋の古美術品を展示する私立美術館として、1960年(昭和35年)にオープンしました。
この日は一休宗純展をやっていました。

画像



これじゃなかった・・・。

画像


とんち一休さんのイメージからは度肝を抜かれたこの肖像画。

一休さんの直筆の書などあり見ごたえ十分でした。正月に持ち歩いていたというガイコツも。
画像

富士見橋。
二子玉川の高層ビルが・・・。運が良ければ富士山見えるのでしょうか。

画像


画像


すぐ前の河原には多くのグランドがありますが高校球児たちが汗を流していました。
早実や慶應もいて見物客が凄かったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック