掛布氏 トークショー

NHK渋谷に行ってきました。
当日は「Nスポ!2015」が開催されていました。トッププレイヤーの華麗なパフォーマンスや、様々なスポーツ種目を体験できるコーナー、ライブやイベント、NHKのスポーツ中継技術体験や8Kスーパーハイビジョン映像などを通じて、多彩なスポーツの魅力を存分に体感できます。

画像


画像

敷地内は撮影厳禁のところが多く画像はほとんどなしです

画像


画像


トランポリン。まじかで見るとムッチャ高いです

画像

そしてメインイベント、掛布氏のトークショー。

未だに「神様」の存在であることは変わらないため1時間前から並び精神統一しながらその時を待ちます。
そしてステージ上手からおもむろに神様の登場。いつもながらオシャレなスーツの出で立ちです。
カーケーフッ カーケーフッ 
今日もオーラが出まくりです。ありがたやありがたや
宮崎フェニックスリーグ中でありこのために上京、トンボ返りで宮崎に戻るそうです。ありがとうございます。
自称掛布フリークでありますのでほとんどのネタトークの内容は何十回と聞いてはいますが、いいんです。
そこに神様がいらっしゃるだけで
しかしまあよくしゃべります。話も起承転結が出来上がっているので、老後はノムさんなみの講演会の数に
なることでしょう

客席からは「1000本安打の試合見に行ってました」「松岡からの満塁本塁打の試合見に行ってました」
「中学の後輩です」等々、傍からするとだから何?という発言ばかりですが、わかります。神様と何かしら
共有している部分があるだけで自慢なのです


そして以下はネタトークではなく最近の話でしたので書き起こしました。

「僕、阪神の育成という形で2年目を迎えてましてですね、ある程度その若手の形が見えてきた、手ごたえ
みたいなものは感じだしているんですよ。来年3年目を迎えますので若手が一軍の甲子園でですね
活躍するする姿をファンの方たちにお見せしたいなという気持ちで今います、ええ。」


おおお 期待します。


「今年阪神に足りなかったもの、厳しさじゃないでしょうか。
あのー今年のペナントレースを見てもですねえ、一番大事な勝負どころでチームが失速するという、1年間闘う体力だけでは闘いきれませんので、精神力がないと1年間のペナントレースは乗り切れないとおもいます、はい。
今年は和田監督のしかけがちょっと早かったですね。ムチを入れるのがですね。もうちょっとですね遅らせてもよかったですね。東京ドームでの巨人の3連戦で3枚のエースをぶつけていきましたが3連敗してしまったんですね。ただ、そのあとに甲子園で巨人との3連戦が残っていたんですよ。
僕は甲子園での巨人の3連戦で藤浪、メッセンジャー、能見という3枚をぶつけていくのかなと思っていたんですよ。ただその前の東京ドームでの3連戦でその3枚をぶつけて3連敗してしまったのですごくガクッときてしまったんじゃないでしょうか。
和田監督にはこの3連戦は1つ勝てれば大丈夫だね、という話はしていたんですよ。僕らが優勝した85年もあのー巨人戦に1つ勝てば、巨人が死ぬと、、、いやいや失礼、落ちていくと、その3連戦にやはり吉田監督が3本ぶつけていきましてですねえ、3連敗したことがあるんですよ、ええ。
ですから巨人というチームに対してどう闘うかというのは阪神にとって凄く大切なことだと思うんですね。永遠のライバルと言われるような球団で歴史もありますので、そういう意味ではちょっとしかけが早かった、そして応えられなかった選手の彼らの体力、精神力というものがやっぱり1年間闘うチーム力になかったということではないでしょうか、ええ。
だから今、若手が10何連戦というフェニックスリーグで試合をこなしているんですね。まーその中で技術も鍛えられますけれど試合に毎日出て勝敗を背負う、結果というものが出ますからそういう中で精神力というものは鍛えられているとおもいますねえ、ええ。」


そして誰もが一番の関心事。来年監督をやってください、に。


「大変うれしいことですしきちんと受け止めてはいます。ただこれは球団が決めることですから来年どういう形になるのか僕にもまだまったくわかりませんので、まあチームはまだクライマックスシリーズを闘っておりますのでね、そういう意味では来年どういう体制になったとしても僕が監督になるならないに関係なくですねチームが勝つという1つの目標に向かって、一員としてですねチームのために頑張りたいという気持ちは変わりませんので、ええ。」


というような内容だったと思います。監督問題に関してはデリケートなところですので明言は避けたようでした。

「野球をやっていて、多くのタイトルを獲ったけど一つやり残している物がありました。優勝です。田淵さんから
優勝の良さをきき、なんとかやりのこした優勝をしたかったのです」

と仰っていましたが、やり残していることがもう一つあります。いつかは指揮官のユニフォームに袖を通して
いただきたいものです。もちろん相手は大好きな大好きな宿敵、江川監督で




画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック