新撰組まつり

日野、高幡不動に行ってきました。

まえから電車の中吊りなどで気になっていましたがようやく参加できました。

幕末に京都の治安維持に当たった「新選組」の副長、土方歳三ら主要な隊士の出身地である日野市で恒例の「ひの新選組まつり」が行われました。十日のメーン行事「隊士パレード」の配役を決めるコンテストが高幡不動尊でスタート。

画像


画像


画像


画像







市役所前へ移動。愛知に続いてここでも火縄銃が披露されていました。










日野駅前へ。

画像


画像


画像

日野宿本陣へ。

日野市立新選組のふるさと歴史館分館 『日野宿本陣』。日野宿本陣は都内で唯一残る江戸時代に建てられた本陣建物です。 大火をきっかけに自衛の必要を痛感した佐藤彦五郎は八王子千人同心の井上松五郎から天然理心流を紹介され、近藤周助に入門し、自宅に道場も開きました。この道場には、やがて近藤勇や沖田総司、山南敬助らが訪れるようになり、日野出身の土方歳三・井上源三郎らを交えた新選組と日野の人々との物語の幕が開けられたのです。

画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


若い女性しかいませんでした

歴女というより新撰組のコミックが人気の元だとか。
思い思いのコスプレも散見されます。案内人の質問にも専門的な回答をしていました

自分がいちばん遠くから来た人と思う人? と訊かれてこたえたのは函館と高知の人でした。
いかにも新撰組

画像


それにしてもイケメンです。歴史人物のなかでナンバー1でないでしょうか。
土方歳三という名前もひかれます。
新選組時代には、局長・近藤勇の補佐役として数々の事件で武名を顕し、また隊内に厳正な規律を実施して鬼の副長と称され、剣豪揃いの隊士たちにも恐れられた。戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦し、またいわゆる「蝦夷共和国」では軍事治安部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。明治2年5月11日、戊辰戦争の最後の戦場だった箱館五稜郭防衛戦にて戦死。享年35。


人気がでるのもわかります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック