愛知旅行 3日目

最終日です。


画像

ホテルからの景色、豊橋駅が丸見えです。

画像

豊橋駅から飯田線で出発。

画像

7:01発の電車なので車内で朝食、もちろん名物で。

画像

本長篠駅に到着。
本長篠駅を開設した鳳来寺鉄道は、現在のJR飯田線中南部にあたる大海・三河川合間を運営していた私鉄である。1923年2月に同区間が開通した際、あわせて本長篠駅も開設された。ただし当初は「鳳来寺駅」を称した。それから6年後の1929年3月、最終的には三河田口駅へと路線を延ばす田口鉄道線が乗り入れる。

画像


画像


画像

豊鉄バスに乗り換え。

画像

鳳来寺にとうちゃく

今回の旅のメインイベントです。

画像


画像

ゆるキャラ登場。名前ききましたが忘れました。
ナイキのシューズがシュールでした

画像

入り口に到着。

画像


標高695m、1,400万年前の火山の名残で流紋岩などでできています。
鳳来寺山表参道の石段を登り、仁王門を過ぎた辺りで傘杉が見られます。推定樹齢800年、樹高は60m近くにもなり、天に向かって伸びる姿はまさに圧巻です。幹の上方で枝が四方に広がり、傘を差したように見えることから傘杉と呼ばれています。
新日本名木百選にも選ばれた傘杉は、品種も貴重であり、姿や品質においても最高級とされています。
石段は1,425段あります。

画像

山門。

画像


画像



画像


画像


画像






画像


画像


画像


画像


画像


画像

こわいこわい

画像


画像


画像


画像


東照宮。

画像


画像


画像




頂上。最高の景色でした。

画像




木が動いていると思ったら・・


画像


画像

長篠城へ移動。

長篠城は、三河設楽郡長篠(現・愛知県新城市長篠)にあった城です。
この城は永正5年(1508年)に菅沼元成によって築かれ、豊川と宇連川の合流点に位置し、北方に人工の塀と土塁を置いた堅固な造りとなっていました。天正3年には21歳の奥平貞昌が城主となり、武田勝頼の包囲に耐えました。
現在は国の史跡に指定された他、日本100名城にも選ばれており、人気の城跡として整備されています。
毎年5月5日には長篠の合戦の慰霊として、のぼりまつりも開催されます。
この城址には「長篠城址史跡保存館」もあります。

















画像


画像


画像

名物五平餅

画像


子たちが歴史案内をしてくれます。立て板に水のごとく流暢でとても慣れています。

画像


画像


画像


画像

馬場信房墓石。
永禄十一年武田氏最強の武士団・武川氏の出身。もと教来石民部景政と名乗る。
諏訪攻め、北信、佐久攻略に戦功を立て、乱行を諫言したため信虎に手討ちにされた馬場伊豆守虎貞の名跡を継いで天文十五年(1546)に馬場民部少輔と改名、永禄二年(1559)には120騎の侍大将に昇進、永禄八年(1565)には老中に取り立てられ、原美濃守虎胤の武名にあやかるよう美濃守の名称を賜わった。

画像



画像






豊橋駅から帰路へ。
歴史満載の旅となりました。



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック