愛知旅行 2日目

2日目で~す

画像

ホテルの目の前は岡崎城というベストポイント。

画像

岡崎城を見下ろしながらブレックファスト

画像

画像

龍城(たつき)神社は、徳川家康公が生まれた岡崎城本丸に鎮座する神社で、家康公が戦乱の世を鎮め、天下統一をなし、万民和楽の大業を達成した偉業をたたえ、岡崎城内に奉祀されたものです。
 後に、三河以来の忠臣・本多忠勝公を合祀し、1962年(昭和37年)社殿が再建されたのを機に、天神地祇、全市旧領の護国の英霊が配祀されました。


画像

岡崎城。
徳川家康の生まれた城として知られています。「桶狭間の戦い」で今川義元が敗死した際に家康(当時は松平元康)が今川氏から独立した城でもあります。江戸時代には家康誕生の城として重要視され、譜代大名が歴代の城主を務めています。

画像

天守台。

画像


画像

龍海院。別名「是(ぜ)の字寺」とも呼ばれる。これは、徳川家康の祖父、松平清康が若い頃「是」の字を手に握るという夢を見て、それを「是の字は日の下の人と読めるから、子孫が天下を取るという意味である」と占った僧がいた。清康はそれを喜んで、その僧のためにこの寺を建てたという伝説によるもの。

画像


画像


画像


六所神社。
家康公の産土神として、代々徳川家の崇敬が篤く、現在の社殿は寛永十一年(1634年)から寛永十三年にかけて三代将軍家光公が再建したものです。権現造で、彫刻や色彩が華やかです。
本殿・幣殿・拝殿・神供所・楼門が重要文化財に指定されています。が修繕中でした残念。

画像


東岡崎駅から東海道線

画像


豊橋駅から飯田線

画像

豊川駅に到着。

画像

豊川稲荷。
正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院です。境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られます。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っています。また、日本三大稲荷の1つとされます。

画像


画像


画像


画像

奥の院。





春季大祭をやっていました。


画像

参道。

画像


画像

やはり縁起物、開運七福神稲荷。

画像

きしめん。

画像

二川駅。

画像

道中、リアルなゴリラ。

画像

のんほいパーク。入り口若干心配・・。

画像


画像


画像


画像
















ものごっつい迫力でした。

画像


二川宿本陣。
江戸時代後期の文化4年から約60年間本陣を勤めた馬場家の遺構で、邸内には江戸時代の土蔵や主屋、玄関棟、表門が残っています。改修、復元工事により明治以降取り壊されていた書院棟を復元、本陣の最も整備された姿を再現しました。大名の休憩場所であった上段の間をはじめ、本陣の全容を見学できます。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

大岩神明宮。
古く文武天皇二年岩屋山、南山麓「かささ」に巌根の庄の里人に依って創建祭祀されたと、伝えられています。
古来より武門武将の崇敬篤く、天正年間織田信長は三河に出陣の折り、陣太鼓を寄進して戦勝を祈願し、徳川家康は御朱印社領参石五斗を奉ります。

画像



再び二川駅へ。鉄っちゃんにはたまらないビューポイントでは。

画像

お世話になったルーホテA.

画像

吉田定食。田楽まいうー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック