ぶらり伊豆

伊豆へ行ってきました。

急きょ代休がとれました。機会があったらだるま山高原に行こうと決めていましたので
行き先は伊豆に決定

ところが宿の予約がどこも満室でとれない。
不景気でホテル業界は厳しいとニュースで嘆いていますがいつも予約取りに苦慮する
のはなぜなのでしょうか

なくなく日帰りに落ち着きました。温泉地なのに・・・



つーことで気持ち切り替えてレッツラゴー。
天気は雲一つないピーカン

画像

東名高速道路ののド正面に富士山が見えるスポットたまらなく好きです

画像


ラジオもドリンクも富士山仕様。ムード作りは万全です

画像


足柄SAで休憩。
富士山を臨むレストランなど飲食店7店舗、箱根・伊豆の銘菓、スイーツを取り揃えたお土産店やデパ地下などにも出店している有名店「おこわ米八(よねはち)」「柿次郎(かきじろう)」など物販店5店舗が有名です。

画像

目の前に富士山がドーン

画像

沼津ICを降りてからはワインディングロードを滑走

画像

だるま山高原にとうちゃーく
所在地は伊豆市大沢というところで、沼津市と伊豆市の境界付近にあります。
晴れた日は目の前に西伊豆の海岸線と駿河湾の全景が広がり、箱根、南アルプス、そして富士山の裾野のほうまで見渡すことができるという伊豆で一番のビュースポットです。
ここで撮影されたパノラマ写真が「日本一の富士の展望台」して、1931年に開催されたニューヨーク万国博に出品した際大絶賛されたそうです。

画像


http://1985443116.at.webry.info/201402/article_1.html

http://1985443116.at.webry.info/201210/article_2.html

http://1985443116.at.webry.info/201405/article_3.html

http://1985443116.at.webry.info/201012/article_2.html

http://1985443116.at.webry.info/201311/article_3.html

http://1985443116.at.webry.info/201311/article_4.html


自称:富士山フリークとして様々なスポットから富士山を眺めてきましたが
ここに来ていなかったのは恥ずかしいかぎりです

画像



画像



画像


画像


画像


画像


画像



うーむ

す、すすす すばらしい! エクセレント

まさに絶景ではありませんか

来てよかったです。




つづいてはやはり温泉地にきたので日帰り温泉へ

伊豆に温泉は数あれど、今回は北川温泉にします。

西伊豆から足を延ばして東伊豆へ

画像


とうちゃーく。

画像

社会人新人時代に連れてこられましたが、その時となんら変わってないように見えます。
なんかうれしい

画像


画像


お目当ての露店風呂。
黒根岩温泉です。混浴
海抜0メートル、波打ち際の「黒根岩風呂」は北川公営の露天風呂。日本全国から温泉ファンが訪れる町の自慢の天然温泉です。春夏秋冬、朝昼夜と、様々な景色を楽しませてくれる北川の海。波しぶきがかかるほど、海の近くにある黒根岩風呂も、毎日違う表情を見せてくれます。

新人時代はお姉さん達に拉致されての入浴でした。
呑んだ後の夜風呂。
女子大生グループもいたのでそれは感謝でした。

今回も老若男女が入っていました。
最初は緊張しますが、温泉につかっていると体も心もほぐれ、リラックスできます。

顔もしらぬ老若男女が裸のつきあいをするのはいいものです


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 富士山と本栖湖 

    Excerpt: 本栖湖に行ってきました。 富士五湖で一番深く、透明度の高い本栖湖を有するエリアで、千円札の裏側に描かれている富士山はこの湖から見た景色です。また、このエリアの富士山側には、県内でも有数の酪農地帯が広.. Weblog: スポーツ漫遊記Part3 racked: 2015-11-23 13:54
  • ぶらり富士山

    Excerpt: 富士山に行ってきました。 定例の富士山詣で。天気、雲、冠雪、その時々によって全く違う姿を見せていただきます。 山中湖から三国峠へ至る県道の途中にあるビューポイントのパノラマ台。眼下に山中湖、その向.. Weblog: スポーツ漫遊記Part3 racked: 2016-12-10 18:44